sinonome -しののめ-

BLOGセッションについて

ソウルヴィジョンリーディング~魂よみ(たまよみ)

2017/5/28
yuki

IMG_2479.JPG

先日、あるセッションで太古の記憶とともにハイアーセルフから手渡されたメッセージを受け取りました。
過去・現在・そして未来へ、「今現在の"その人自身"」に必要なことをリーディングし「使える道具」として、魂の使命や望みをお伝えすることが私のミッションであると告げられました。

それはここ数日夢のなかで太古の記憶を補完する形で現れたのです。
私自身が自分で見た過去世は一番古いものでも「人」という肉体をもった存在でした。
自分で見れるそれが限界ということもわかっていました。それについて深追いしなかったのは「今の自分」には必要なかったものと考えていたのです。
ところが今回能力開発するためのセッションで思いがけず手渡されたのは私が知りえなかった「魂の記憶」であり、先述の太古の記憶だったのです。
私が行っている過去世統合リーディングセッションでお話しているように、過去世」は知るだけではなく「統合」することで"今現在のワタシ"の能力や資質に生かすことができます。
今回手渡された過去世はどうやって統合したらいいのだろうか・・・
というのも、統合する定義として現世の私が住む"地球"での記憶ではなかったからなのです。
ある意味、私は他の惑星での記憶というものは"地球"に生きる私たちには関係がないと感じていました。関係がないならなぜ今回この記憶を手渡されたのか?戸惑っていたのはほんの一瞬でその日の夜にはもう答えがでていました。
私が述べた「地球」での過去世であれば「地球」で役に立つというそれこそが「不要な思い込み」だったのです。
全てに意味があり、そして全てに意味がないのです。
自分が役立てようとすれば"それ"に意味は宿るけれど、信じなかったり活用しようとしなければ"それ"には意味がないのだということなのです。
全てを受け入れること、そしてそれはどちらでもいいということ。
受け取るのも受け取らないのも"自分次第"なのだということなのです。

私は今回受け取ったものを"今の自分自身"には意味あるものとし活用しようと決めました。
その瞬間から受け取った太古の記憶は"私の血肉"となり、これからの活動に落しこめる"道具"となったのです。
拙い言葉で独り言のようなブログになりましたね(^_^;)

これまで、星よみ、手よみ、カードなどの占術とスピリチュアルリーディングをかけあわせて「"魂"リーディング」をメインにセッションをしてきました。
今後は過去世統合も含めすべてのセッションは「ソウルヴィジョンリーディング~魂よみ(たまよみ)」としてセッションメニューを統合することにいたします。
過去世統合リーディングもこの中に含まれるので、料金の改定も検討中です。
6月いっぱいは従来の金額で行いますので、詳細はまたご案内いたしますね。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

しののめへようこそ

しののめではシータヒーリングや数秘術、タロットカードなどさまざまな手法を用いて、来られた方の心に明かりを取り入れ「本来の自分」に戻るためのお手伝いをいたします。

プロフィールyuki

sinonomeへのご訪問ありがとうございます。星よみ(西洋占星術)手よみ(手相)、数秘、タロットカードなどの占術をはじめ、スピリチュアルなリーディング(チャネリング)をつかって、セッションをさせていただいております。ご提供でき

続きを読む

プロフィールまこさん

本名:砂川 誠、通称:まこさん。会社員としてWEBクリエーターをしながら、photo heartの名義でで写真の先生としても活動中。 生まれつき目が悪いこともあり、五感の感覚を効果的に使うこともできるようになりました。また小さいころから霊感が強く、そのためか物心ついたころから目には見えない世界のことに関心が強く、宗教からオカルト、精神世界まで幅広く知識を蓄えています。 WEBの仕事を始めてから多

続きを読む

NEWS & BLOG

CATEGORIES

TAGS

Page Top